UAD2 SOLO/Laptop

以前から使い続けているUAD2 SOLO/Laptop。MacBook Proには使いやすくかさばらず持ち運びも便利でと、とても重宝しているのですが、先日から突然認識がおかしくなった。

画像


状況:
Digital Performer9で曲を立ち上げると、エラーメッセージ(-36)が出る。認識が外れた様子。
再度試みるがカード自体を認識しない。立ち上げなおすと認識することが多いが、DPを立ち上げるとやはりだめ。
UADのソフトウェアのバージョンは最新。MacのOSは10.10

いつから?:
先日の某レコーディングに行った時から。SOLOをセットしないで曲を立ち上げて、「入ってませんよ~」みたいなメッセージが出た時に無視してそのまま使用してたらからなのか?それまでは何の問題もなく普通に使えてた。

考えられる原因:
・移動の衝撃などでスロットか本体が壊れた。
・いきなり来た寿命か?
・本体の熱による暴走。事実熱くなりすぎたSOLOを本体から抜いて冷やしたのちに再度入れると認識しやすい。

対処:
マジでなんとかしないと作業が滞るのだが、新しいのを買うしかないのかなぁ??



独り言でした。。。。

この記事へのコメント

岩垂
2015年11月05日 19:57
その後の報告です。どうやら接触不良ということが判明。その原因はSOLO/Laptopのゆるみだということがわかり(手で押さえてるとちゃんと認識する)、まぁ熱とかでだれてきてるのかもしれないんだけれど、もう保証期間も過ぎてるし、生産も終了してるそうなので、ここは思い切って瞬間接着剤で本体のゆるみを固定したら、無事認識しました。あとはどれだけこれが耐えてくれるか、、、だな(笑)。