ALBORADA DEL GRACIOSO

アクセスカウンタ

zoom RSS 4Star Orchestra

<<   作成日時 : 2011/10/25 08:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 最近Mixiページってのを始めてみました。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=147519
そっちに書いた日記なんだけれど、mixiの会員じゃないと見る事が出来ない、ってことに気付き、それはあかんだろ、とこちらにも転載しました。

「4Star Orchestra」という、ゲームの音楽家と、それを演奏したいっていうユーザーと、それを聞きに行こうじゃないかという多くのみんなに支えられて行われた4年に1度のイベント(今回が初)の模様です。世界的にもこれだけゲーム音楽の作曲家に焦点を当てたイベントは珍しく、とても有意義な3日間だったと思います。


〜〜〜
画像


 多分今年の2月頃、ボストンからVideo Game Orchestraのしょーた君が日本に来た、ってことで集まった飲み会で、初めて2083の斉藤君、まりなちゃんとお会いした。一般公募でオーケストラや吹奏楽、合唱などを使ったコンサートを開催したい!という熱き想いを聞き、その場で「参加する!!」と(ただし、1演奏者として)。オケとか吹奏楽とか、あの中に入って演奏するのがいいじゃないですか。
 その後「こんなおもしろい企画があるんだよ〜」とツーファイブの堀口さんに話すと、連絡をし、バンドでの出演が決まった。フランスで一緒にやったメンバー(Gt:福田、Bs:ウりゃ、Ds:堀口、Key:岩垂)で行けそうだけど、今回は同期ものは避けようと、もう一人キーボードを入れたい、と俺から提案。ちょうど何かの打ち上げで一緒にいたなるけみちこさんに「やる?」と聞いたら「やる!」と即返答。せっかく日本でやるんだから(会場も広そうだし)もっと大所帯でやりたいと構想は膨らむが、とりあえず主要メンバー決定!選曲は公募でやろう!と決定。
 あと吹奏楽の方で演奏(トロンボーンね)出来るってことも決定。ただ初回の顔合わせからスケジュールが合わず不参加。うーん、両立出来るかなぁ??

画像



 とりあえず第1回目は早めに、とバンド練習も始める。
オケの方の練習には全然行けない。ごめんなさい。
リクエストされた曲をとりあえずアレンジしてみて、いろいろとバンドの中で協議。フランスで演奏した曲はさすがに仕上がりも早い。
 今回は自分は動き回れるようにとショルキーを購入。ま、実際にはあんまり動けなかったけれどね。今度はワイヤレスに挑戦だな。AX-Synth、音色をエディットすれば使える音も増えます(笑)。でもショルダーにすることによって自由度も増えました。俺的には満足!ただあんまりセンターで前面で演奏した事がないから、どうにもね、動きがぎこちない(笑)。きっとこれから徐々に改善されていくのでしょう。

画像


 さてさて、最初の練習から数ヶ月?数週間?過ぎ、もうすぐ本番、って頃に、まずせっかくだからSEGAチーム、H.と合同で何か1曲やりましょう、って話が出て来た。光吉さんと相談して、光吉さんが歌ってくれる曲がいいな、と俺から提案。で、出て来たのが「デイトナ〜〜〜」で有名な「Let's go away」。おおおお、盛り上がりそう〜。編成とか何も考えずに決定。で、その後の打ち合わせで、Brassを入れましょうって事になって、早速アレンジ。福山君が吹いてくれるから大丈夫だろう、Trp:福山君、A.Sax:なるけさん、Tbn:岩垂によるセクションがギリギリ演奏で来そうな(笑)アレンジを作り上げる。

画像


 「グランディアのテーマ」をフルサイズでやりたい、と堀口さん。パリでも、4Starの1ヶ月前に行った松川村での野外ライブでもメンバー紹介を含めたハーフバージョンだったのに、ギリギリでの提案。懸念は2つスローな部分に行く前の穏やかなところをどう乗り切るか、スローなところのメロディをどうするか。いろいろ試したけれど、やっぱりバイオリン入れましょ!ってことでブンゴに打診。本番3日前の最後の練習に参加してもらいました。


画像



 前日に会場リハが出来る予定だったんだけれど、やっぱり無理だった。ということで前日は別のスタジオで、H.のみんなと一緒に「Let's go away」の初めての通し。仙台から天才ドラマー工藤くんも来てくれていた。いやぁ、大勢での演奏は楽しい〜!Brass隊もなんとかなりそう。ソロの順番を決めて、曲のサイズを変更して、キメを決めて、あっという間に1時間が過ぎ、あとは本番で頑張りましょう〜!と練習終わり(笑)。
 その後、車で堀口、なるけ、岩垂の3人は今日から始まっている4Starの会場へと向かう。高速大渋滞(笑)。結局見たかった植松さん達のバンドリハには間に合わず、楽屋に挨拶に行く。弘田君もいた〜!音の事を少し聞いて「頑張ってくださ〜い」と。
 そのあと物販にも行ってみようということで物販会場に。坂本さんたち発見!しっかりCDを売ってました。明日の本番もあるからと早々と退散。さ、頑張ろう〜!!


画像



 10/1 雨が気になっていたけれど、なんとか大丈夫そう。
早めに会場に着き、吹奏楽の演奏を聴く。ああ、出たかったなぁ。みんな楽しそうだ。最後に松崎しげるさん登場!おおお、オーラが違う!!しっかり全部持っていってくれました(笑)。
 さて次はうちらの番。。。。ですが、やはりというかセッティングにどうやっても時間がかかる。吹奏楽の舞台を撤収させてバンド用に変換するだけで相当時間がたってしまった。うちらも精一杯頑張りましたが、残念ながら会場30分以上押しの状態。ホントみなさんすみません!でも暴動も起きる事なく待っててくれた皆に感謝です!!
 最初はSEGAのH.。僕らは舞台袖や控え室のモニター越しに見てましたが、おおおお、すげぇ〜!盛り上がってる!!!かっこいい〜!バイオリンのブンゴ君は興奮状態(笑)。あっと言う間にH.のステージが終わり、さておいら達。

画像



 事前に決めてたフリとか、決めポーズとかすっかり忘れました(笑)。お客さんの熱気が凄すぎて!いやホントびびった。こっちからは全然客席が見えなくて、どうなってるのかわからないままのこの熱気。すごいなぁ。熱気に押されて演奏もやたらとテンポが早かった。うひゃ〜すごいなぁって思ってたらもう最後の曲でした。「グランディアのテーマ」の前に、「みんな頑張ろう!」って言いたくて(ま、似たような事を言えたので良しとする)、なんとか終了〜!H.の皆を呼んでの合同アンコール。これは楽しかったなぁ。全て終了、お疲れさま!!


画像



 楽屋にも霜月はるかちゃん始め大勢の人が来てくれた。ロビーにも行きたかったんだけれど、もう撤収の時間が迫ってって残念ながら行けませんでした。待っててくれた方、ごめんなさい!
 新小岩のとある店で打ち上げ。ついでに吹奏楽の打ち上げにも乱入。
「お疲れさまでした〜!!」


画像



 10/2 この日はオーケストラの公演を見に行きました。今回のこの公演で一番楽しんでいるのが俺じゃないか?ってくらいコンサートもしっかりと聞かさせていただきました。
 まずはちょっと早めに着いたので物販のところへ。ゲ音団も出ているので売り子で参加。となりが崎元君たちだったので「お久しぶり〜」と挨拶。
 そのあとなるけさんとお母様と一緒にオーケストラ昼の部を鑑賞。なんと席は一番前の真ん中!カメラマンの中村さんともこんなところで名刺交換(笑)。オケもいいなぁ。ソロを弾いたチェロの方、素敵でした!「グランディアのテーマ」もしっかりと聞けました。最後に光田君が出て来たので「おおお!」と楽屋にも挨拶に。指揮の田中先生にもご挨拶。
 夜の部もしっかり鑑賞。今度は真ん中辺りの席。しっかりと全体の音も把握出来ました。坂本さんらも登壇。「逆転裁判」の曲達もじっくりと聞く事が出来ました。2008年に東京フィルとやった時のスコアなのですが、今回用にほんの少しだけ僕の方で修正させてもらいました。いい感じで仕上げてもらって嬉しかったです。

 イベントは3日間でしたけど、半年以上かけて準備していたこの4Starもこれで終幕。ゲーム音楽に、ゲームの作曲家にスポットを当ててくれたこのフェスに感謝するとともに、本当に大勢のスタッフ、そして駅から遠いのにもかかわらず来てくれた熱いファンの方々、本当に本当にありがとうございました!!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4Star Orchestra ALBORADA DEL GRACIOSO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる