ALBORADA DEL GRACIOSO

アクセスカウンタ

zoom RSS 2つのコンサート

<<   作成日時 : 2007/11/18 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まず、近所の病院での演奏会。こちらは1時間のプログラムでブラスを主体とした演奏。編成はFl×1、Cl×1、A.Sax×1、Trp×2、Tbn×2(俺、含む)、Perc×1、Bass×1、そしてMac君。(全曲アレンジ、プログラミング)。
 朝8時半から会場でのセッティング。前日に伴奏のテンポを変更したものと、譜面を変更したものを中心にリハ。9時半に合唱団到着、歌もののリハをしてると患者さん達がどんどん集まってきた。ありゃー。まぁ、気にせずにリハを進めて、10時本番開始。
 会場の体育館は患者さんやお医者さん看護婦さんでいっぱい!!紹介を受けて演奏スタート!!最初はジャズナンバー。テンポアップが功を奏したのが飽きさせない感じで進んでいく。そのあと個別の楽器紹介を簡単にして、ポップスナンバーに突入。みんなのソロもいい感じ!!お客さんもほとんど立ち去らず、みんな真剣に聞いてくれている。
 そのあとクラッシックギターのソロを1曲。これもみんな静かに聞いてくれた。
 いよいよ合唱団登場!!みんなで一緒に「水戸黄門のテーマ」。やっぱりこれが一番受ける!!何曲か演奏して、最後は県歌「信濃の国」。アンコールがあり、プログラムでもやったんだけれど、「千の風になって」を再び演奏。会場では泣いているお客さんもあったそうな。名曲ですねぇ。好評だったようで、病院の方から「また来年も!」と言われました。

 2日後、今度は小学校で。こちらはまず合唱(指揮担当)。結成すでに5年目になって、声も柔らかい声が出せるようになってきたかな。とってもきれいなハーモニーを聞かせてくれました。指揮してて気持ちよかったな。
 それからお父さん達によるギター演奏(歌、ギター、コンガ、ピアニカなど)。懐かしのフォークソングを中心に4曲、歌いました、弾きました。ソロでピアニカを使ったんだけれど、これが好評でしたね。学校の、子供達が日頃使っている楽器がこんな風に吹く事も出来るんだ、って思ってくれたみたい。メンバーが作ったオリジナルソングもとっても好評で、こちらも大満足でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2つのコンサート ALBORADA DEL GRACIOSO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる