ALBORADA DEL GRACIOSO

アクセスカウンタ

zoom RSS 学校に編曲家を!!

<<   作成日時 : 2005/06/15 02:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年、息子の小学校でPTA会長なるものをやらせていただきました。いろいろな体験が出来、とても有意義な時を過ごせたし経験させて頂きました。子供達とのふれあい、親達との語らい、そして先生方との本音で話せた問題意識など、本当に嬉しかったです。
さてさて、お題の話。ついでと言ってはなんですが、金管クラブや音楽会など、音楽に携わる行事やイベントなどにも担当音楽の先生の計らいと校長先生らのご理解のもと、いろいろと参加させて頂きました。子供達に音楽を教えるとき、譜面が必要になってきます。子供達は「今」聴いている音楽に対して一番興味を示し、また「今」聞いている音楽を演奏したり唄ったりしたいと思っています。しかし学校教育、「今」ではなく「昔」の名曲も知ってほしいし唄ってほしい。ここにギャップが生じ「音楽がつまらない」なんていうとんでもないことが起きてしまいます。また子供達の「今」に対応すべくなんとか演奏出来る、唄える譜面を探し出そうとしてもなかなか見つからず(特に金管バンドや吹奏楽用の譜面となると、リアルタイムではなかなか探せません)、やっと見つけた譜面も「ちょっと古いんじゃない?」と相手にされない。。。こんなときに、各学校に専属のアレンジャーがいたら!!古い曲でも「今」を感じさせるアレンジ子供達も大喜び! 唄っていたこの曲が実は(原曲が)こんな曲だったと知ってびっくり感激!なんてことにもなるかもしれません。
実際例を僕らはやってみました。まず音楽会。音楽の先生にコンピューターで伴奏を作る、ということを覚えてもらい、音楽会でコンピューターの伴奏で子供達が唄いました。こども達もドラムやベースなどの音が入った伴奏には慣れていますから、とても生き生きと唄います。また教えている先生も伴奏をピアノで弾く、ということに惑わされず、こども達の歌をちゃんと聞くことが出来ます。さらにカラオケCDを制作することによってピアノのない自分たちの教室でも、いつでも練習出来る、という利点も出てきました。
金管クラブの交歓演奏会。僕がこの学校の金管クラブ用にアレンジをしました(各学校人数も違うし、どのパートがうまいとかという違いもあるから、当然アレンジが必要だと思っています)。演奏上無理なところなども即座に対応出来るので、こども達にも負担が少なく、楽しく出来ました。
卒業音楽会では、伴奏をコンピューターで演奏させることで、こども達がみんなでメロディ(一番演奏したいパートですよね)を演奏出来、またアレンジも「今」を感じさせることで、こども達もいきいきとその曲にとりこめました。
音楽の先生が(または担任の先生が)編曲を学び、対応していくことももちろん可能ですし、そうなれば言うことはないのですが、こども達に教える、ということと編曲をする、ということはやはり別物です。それぞれ得意な人が得意なことを担当するべきだと思います。
まずは各都市で音楽の先生に専門的な編曲などの指導を。そしてもっと先進的な学校は編曲家を雇うと、日本に音楽教育はもっともっとおもしろく楽しいものになると思います。文部省唱歌だってアレンジ次第でいくらでも楽しいものになりますよ。どうでしょう、この考え??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。今回のコメントを拝見させて頂いて、凄く良い考えだなぁと思いました。

自分が小学生の低学年の頃の音楽の先生は作曲家でもあり、NHKのみんなのうた、などでも放映されていた人でした。

当時の、地域の学校が集まってホールで行われる合唱コンクールでは、うちの学校だけ先生が作曲・編曲したオリジナル曲「短足タンゴ」と言うジョークのまじった歌詞が面白いタンゴ風の曲で賞もとりました。カセットテープも発売されました。

自分が「音楽を作る」と言う事を身近に感じる事が出来、今でも音楽に興味を持って打ち込みを続けていられるのも間違いなくこの頃の音楽の先生のおかげだったと思います。

そういう意味で、今回の岩垂さんのブログをみて、こういう考えを持った音楽が出来る人が義務教育の場で活躍する場があれば、日本の音楽ももっもっと楽しくなるだろうなぁと思ったしだいです。

なので、仕事も忙しいでしょうがこういう活動も積極的に行われている岩垂さんを今後も応援します!がんばって下さい。

自分もこういう大人になれるよう努力します(笑)
KOU-G
2005/06/15 14:40
僕も小学校の担任の先生のおかげで音楽の楽しさを教えてもらったと思っています。その先生はわざわざ東京から講師を呼び(きっと自費だったのでしょうが)、僕たちに本格的な音楽を体験させてくれました。KOU-Gさんの先生の作ったオリジナルソングで唄う、ってのはそれ自体が特別なものであり、とても貴重な体験をしましたね。素晴らしい、すてきです!
岩垂
2005/06/16 02:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
学校に編曲家を!! ALBORADA DEL GRACIOSO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる