ALBORADA DEL GRACIOSO

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗黒の刻・罠

<<   作成日時 : 2004/04/21 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 仰々しいタイトルだが、実はこれ、明日から行われる舞台のタイトル。
福原秀雄氏率いる「黒門町」の公演が明日23日から25日まで東京は三鷹にある
武蔵野芸能劇場にて行われます。前回に引き続き今回も作曲をさせていただきました。
昭和初期の実話をもとに舞台化。歌手リコウランの新曲を書いています。
 今回のお仕事もとても勉強になりました。昭和初期のイメージで曲を作ることの
大変さ! 普段使っているコード進行とかを使っちゃうとどうしてもイメージに
合わなくなる。リバーブやエフェクターの使い方も難しい。ホント苦労しました。
 まぁ、この時代のというか、この頃の僕の中での代表的な作曲家というと、
服部良一さんでしょうか。この時代にジャズの技法を取り入れ、とても斬新です。
リコウランの「蘇州夜曲」をコピーしましたが、ホント難しかった。勉強になります。

 残念ながら僕は行くことが出来ないのですが(今回はリハーサルもまともに見ることが
出来なかった!)、是非是非みなさま、お立ち寄りくださいませ。
役者の皆さん、スタッフの皆さん、頑張って下さい!!

HPはこちら。

http://www.8doors-jp.com/kuro/tirasi.page5.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福山雅治さんが参加
服部良一氏の生誕100年を記念し、昭和の名曲の数々を全曲新録カヴァーしたアルバムに福山雅治さんも参加しています。 ...続きを見る
福山雅治mania
2007/12/15 08:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした!私は42歳のドラマーなのでほんの少しだけ同情できるかも!?と思い登場させていただきました。
本筋から少しそれてしまいますが、何かの仕事の資料?で戦後の昭和の音楽を聴きました。
なんとなく聴いたことがあったぐらいなのですが、しっかり聴きなおした時に、物凄く驚いたことを覚えています。
それ以来「美空ひばりベスト」とか「坂本九ベスト」とか買いました。特に中村八大&永六輔コンビの作品にはいつも感動させられます。
最近はウクレレ・ソロで「見上げてごらん夜の星を」弾いています。
自分でも曲は書くのですが、こういったコード進行の発想はありませんでした。
当時の作曲家達は世界の音楽に耳を傾け、トライし続けてたことがよ〜く判りました。

私は調布市在住なので、近いこともあって観に行きたいのですが、残念ながら仕事の都合で観にいけません。
私も先人達に負けないよう頑張って行きたいと、時々、ほんの少しだけ思います。

GANTA
2004/04/22 11:44
昭和初期・中期の音楽、改めて聞くととてもおもしろく勉強になりますよね。
母親が持っている「石原裕次郎全集」(CDです!)も聞いてみようかな?
どこかのレコード会社で、作家別のベスト版みたいなのを出して欲しいです。
おもしろそうだと思いませんか? 売れるかどうかは分からないけれど、
興味を持っている人は僕らだけではないはず!!
岩垂
2004/04/22 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗黒の刻・罠 ALBORADA DEL GRACIOSO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる